マンションの個人貸しって、アリですか?

人間一人が住むところ、つまり住居は基本的に一カ所あれば十分のはずです。

しかし金銭的に余裕がある人であれば、別宅やオフィスとして自宅以外の住居を持っているというパターンも多いでしょう。自分が使う以外にも、投資用としての所有も一般的です。特に分譲マンションは、このようにさまざまな使われ方をします。

このサイトでは、そうした自宅以外のマンションのもう一つの代表的な使い方として、個人がオーナーとなって人に貸し出す、分譲マンションの「個人貸し」にスポットを当てます。個人的に所有しているマンションを賃貸に出すことの、法律的な基礎知識や法制上の扱われ方、管理規約の運用などをはじめ、実際の経営の基本に至るまで、さまざまな側面から広く解説していきます。ケーススタディとして、転勤や海外赴任などの一時的なものから、本格的に賃料収入を見込んだものまで、幅広く想定し紹介します。自分が住むためではない、マンションの有効活用の一助となることでしょう。